2017年1月 7日 (土)

家庭画報2月号に六甲比命神社掲載!

年末に発売された家庭画報2月号の別冊付録に、六甲比命神社が紹介されました。Img168

2016年12月24日 (土)

拝殿横の大岩にご注意ください。

ご注意! 拝殿横の大岩は少しずつずり落ちて拝殿屋根と接触しています。 個人責任にてお気を付けてお参りください。

 

 

2016年10月13日 (木)

直会の会場を変更しました。

大事なお知らせ

 例年、護摩供養の直会の会場としてお借りしているエイフ六甲山荘は、今年は駐車場をお借りすることはできますが、リフォームのため館内は使用できません。

 今年は、 六甲山の上美術館、(さわるミュージアム)をお借りして直会をいたします。 

美術館の駐車場も約10台分駐車の許可を頂戴しております。 

  なお、美術館矢野オーナー様のご厚意で、六甲比命神社が、朝日新聞地域情報誌、Sunday Club9月25日号(配布エリア神戸市・明石市・三木市・三田市・淡路)に掲載されました。 ここに御礼申し上げます。Img040_585x700

2016年10月 8日 (土)

六甲比命神社を紹介する本

2016年10月、六甲比命神社を紹介する内容も織り込まれた書籍が出版されます。

 『トノヲシテ 瀬織津姫さま言霊リメンバリング』という本の目次の一部を紹介します。

第10章 六甲山・六甲比命の磐座
一千年再び秘されたムカツ姫の祠 六甲の守り 六甲山系の磐座 六甲の白龍 雲ヶ岩 仰臥岩 磐座の保全 ムカツ姫の祠の造営 甲陽園目神山 ムカツ姫の祠のご守護 六甲比命神社の祭礼  

Photo

2016年9月29日 (木)

護摩札を10月19日例祭日より頒布開始します。

六甲比命神社は神戸市北区唐櫃の吉祥院 多聞寺の奥の院です。

このたび、護摩札を多聞寺住職様がおつくりくださいました。

10月19日の護摩供養にて、入魂し、その後、頒布を開始いたします。 Img_1364_525x700

            (おひとつ2000円を奉納ください)

2016年9月26日 (月)

六甲比命大善神社 秋の例祭 チラシです

Img153_2

2016年9月25日 (日)

平成28年度 六甲比命神社 秋の例祭 護摩供養のお知らせ

Img153


1356967013



平成28年 六甲比命神社例祭を以下のとおりで開催いたします。

 平成28年10月19日水曜 10時半より

 場所 六甲山 吉祥院多聞寺奥ノ院 心経岩前 

 例祭は12時ごろに終了します。

 引き続き、 12時より直会を行います。

 1時過ぎに終了します。 

参加費3000円 直会を希望されない方は2000円です。

雨天決行!大雨・防風の時は延期ですが、こちらのサイトで告知します。

<ご参加申し込み方法>

 必ず事前予約をお願いいたします。 

 メールは右横の メール送信 をクリックしてください。こちらのメールアドレスへ、参加される方のお名前、電話番号 昼食の有無を明記してお申し込みください。 こちらからお返事をいたしますので、もし返事が届かない場合は、あらためてご連絡をお願いいたします。 

爽やかな季節を迎え、皆様益々ご清祥の事と拝察申し上げます。

 さて、今年も秋祭り、六甲比命大善神社の護摩供養を執り行いますのでご多用と存じますが、近隣お誘いの上お参り下さいますようご案内申し上げます。六甲の山名の由来と関わる大切な姫神の祭りです。六甲山に関わる方々はぜひご参加ください。

 護摩供養会場の心経岩へのルートもあります。六甲山カンツリーハウスから下方(北西方向へ一本道)に向かってください。 こちらも若干ですが、駐車できます。

 なお終了後、お食事(お弁当・お茶)をご用意しております。

  

      記

 行事  諸事祈願・護摩供養

 日時 10月19日(水) 

     午前1030分より 

2015年9月10日 (木)

平成27年度 護摩供養

 平成27年度護摩供養を六甲比命講と多聞寺共催で催します。

  10月23日(金) 午前10時30分~約1時間

 場所 心経岩前  小雨決行 台風・大雨などの荒天時は延期します。

 終了後に、昼食の直会(なおらい)を予定しております。

参加費は直会の費用も含めて3000円、直会不参加でしたら2000円の参加費です。ほかに護摩木代をご用意ください。

 会場は広くありません。事前準備のこともありますので、必ず10月21日(水)までにご予約ください。 

  ご予約は、ネットを通じてでしたら、こちらのサイトのメールアドレスへご連絡をお願いいたします。 参加される方の人数・氏名、直会への参加・不参加をお知らせください。

よろしくお願いいたします。

2015年2月 1日 (日)

柿田川と祭神六甲比命

 2012年夏、関東にお住まいの霊能者の方に、瀬織津姫の御神霊より、柿田川の水をこの六甲比命神社へお持ちするように、とのお告げがありました。

 前年より、六甲比命とは瀬織津姫のまたの名、向津姫(廣田神社主祭神)とご同体ではないかといわれてきました。それを裏付けるかのような出来事があって以来、六甲比命神社では柿田川の水を奉納いたしております。 

 また、六甲比命講、柿田ご夫妻代表の家系の方が数世代にわたってお世話されてきたことと重なり、祭神六甲比命は柿田川への並々ならぬ御思いがあるのではないかと思われます。

2014年11月26日 (水)

落慶式記念写真パネル設置!

 平成8年11月19日に催された、六甲比命神社の現拝殿の落慶式の記念写真パネルが復活しました。 そのほか合計6枚の当時の写真パネルが拝殿内に展示されています。以前の扁額や以前の拝殿の写真もあります。

 この落慶式の記念写真に写っている方々が、六甲比命神社を大切にお守りされてきました。Dscn5753

«現拝殿の落慶記念日判明に神様のお力!